ファブリック
タペストリー
インテリアデコ
トリミング
壁紙
ギャラリー
ブランド & クリエイター
ファブリック
タペストリー
インテリアデコ
トリミング
壁紙
ギャラリー
ブランド & クリエイター

タペストリー
高さ120 x 横幅92 cm
「バガテル」

モアレ オービニー (コーラル)  - Charles Burger
¥ 32,400(税込)/ m

18世紀にデザインされた生地です。こちらの生地を目にするとたいていの方がワァとため息を漏らします。宝石のように輝くモアレの生地に美しく生き生きとデザインされた花々が印象的な生地です。フランスらしい気品と落ち着きは、当時のフランス人の方々の誇りを象徴しているようです。防炎加工がされており、しっかりとした厚みとツルッとした質感が印象的な大変ユニークな生地です。

織り モアレ
模様 フラワー
組成 ポリエステル 100% Trevira CS
加工 防炎加工
重量 185 g/m²
136 cm
リピート タテ 69cm
用途 椅子張り / カーテン
洗濯表示
カラーを選ぶ
  • 32ポイント還元
購入数 ( m )

Charles Burger(シャール・ブルジェ)社について

日本でもたくさんの方に愛され続けられている「トワル・ド・ジュイ」。
現代でも当時のままのデザインを使用し、トワルドジュイを作り続けている老舗生地メーカーシャール・ブルジェ社。トワルドジュイのその生みの親、クリストフ・オーベルカンプ (1738-1815年)により、1783年、フランスのパリからほど近い「ジュイ=アン=ジョザス」の街で生まれたことが起源とされ、「ジュイの街からの生地」をフランス語で「トワル・ド・ジュイ」と言うことから、この名前がつけられました。マリーアントワネットが最も愛した生地と言われており、人物が田園に遊ぶ、単色の田園風景のモチーフに代表される優雅で楽しいコットンプリントの数々は、今でも世界中の方々に愛されています。
また、当時のジュイ工場は、既に現在は閉鎖されておりますが、実際に使われていた織り機、プリント機、オリジナルデザイン版などは、現在このシャール・ブルジェ社が所有しており、その当時のデザインや色を忠実に再現し、今でもほぼ当時と同じ状態の生地を作り続けています。デジタルではなく、版画のようにフランス人職人が二人掛かりで布の上に色を落としていきます。中には、実際にマリーアントワネットが使用したデザインの生地もあり、現在は、フランスのシャトーホテルやパラスをはじめ、ホワイトハウス、バッキンガム宮殿など、各国王室や政府機関御用達として、この生地の歴史は受け継がれております。
歴史的生地を何百年も受け継ぎ、守り続けるシャール・ブルジェ。彼らが作り出す生地1枚1枚には、歴史の重みを感じます。

新着商品

  • ベルベット (防炎加工) ベージュ
    Edmond Petit
    ¥ 17,820
  • ベルベット (防炎加工) ブラック
    Edmond Petit
    ¥ 17,820
  • ベルベット ポンペイ
    Charles Burger
    ¥ 40,500
  • クッション 20x90 cm「Door Roll - Les Élégantes」
    Jules Pansu
    ¥ 16,200
  • クッション 45x45 cm「グレタ」
    Jules Pansu
    ¥ 9,720
  • クッション 45x45 cm「ゼルダ」
    Jules Pansu
    ¥ 9,720
  • クッション 45x45 cm「ヘーゼル」
    Jules Pansu
    ¥ 9,720
  • クッション 45x45 cm「マリー・アントワネット」
    Jules Pansu
    ¥ 9,720
  • クッション 45x45 cm「フェランドール」
    Jules Pansu
    ¥ 9,720
  • クッション 45x45 cm「M.A - マリー・アントワネット」
    Jules Pansu
    ¥ 9,720
  • クッション 45x45 cm「カドリーユ」
    Jules Pansu
    ¥ 9,720
  • クッション 45x45 cm「クールトワジー」
    Jules Pansu
    ¥ 9,720

ブランド & クリエイター