ファブリック
タペストリー
インテリアデコ
トリミング
壁紙
ギャラリー
ブランド & クリエイター
ファブリック
タペストリー
インテリアデコ
トリミング
壁紙
ギャラリー
ブランド & クリエイター

タペストリー
高さ120 x 横幅92 cm
「バガテル」

世界で最も有名な芸術家の一人、パブロ・ピカソ。

彼は、仕事をしているとき以外は、一人でいることができなかった。

スペインのマラガに生まれ、その人生のほとんどをフランスで過ごしたピカソ。

時代ごとに変化する彼の作品は、時代時代の彼の魂いが表現されています。

各国美術館でも展示販売されておりますピカソコレクション、ぜひお楽しみください。

条件で絞り込む
34商品中 1 - 34表示

1881年10月25日、パブロ・ピカソ誕生。1900年にパリへ移り住むまで、彼は、バルセロナで自身のキャリアを磨いた。パリへ移り住むと、モンマルトルに部屋を借り、詩人のマックス・ジャコブや芸術家仲間のアポリネールと一緒に、芸術活動に没頭した。『青の時代』の始まりであり、後に、『バラ色の時代』が始まる。

1907年、『アビニヨンの娘たち』で、彫刻に興味を持ち始めた彼の作品は大きく変化をする。それまでの具象絵画が一つの視点に基づいて描かれていたのに対し、いろいろな角度から見た物の形を一つの画面に収めた『キュビスム』を芸術家仲間のジェルジェ・ブラックと創始し、それは現代美術に大きな影響を与えた。

1917年、ロシアのバレエダンサー、オルガ・コクローヴァと結婚。これを機に、1925年までの彼の作品は、クラシックスタイルに変化し、新古典主義時代を迎えた。そして、彼はようやく、彼の今後の作品の中心となる、『身体』『顔』『空間の歪み』を表した作品作りを手がけ始める。

当時、ヨーロッパ各国で繰り広げられていた戦争や、スペイン国内で勃発していた内戦は、ピカソへ深い、悲しみと怒りを与えた。そして、政府やファシズムに対する怒りを、作品『ゲルニカ』で表現した。

戦後、彼はフランス南部の地中海沿いの街、アンティーブへ移り、作品『生きる喜び』を描く。

1943年、ピカソは、彼の陶器工房があった南フランスのヴァロリスという街で、フランソワーズ・ジローと出会い、二人の子供を設ける。

1950年代、ピカソは過去の巨匠の作品をアレンジして新たな作品を描くという仕事を始めた。ディエゴ・ベラスケスの『ラス・メニーナス』、 エドゥアール・マネの『草上の昼食』、ウジェーヌ・ドラクロワの『アルジェの女たち』が有名である。

1973年4月8日、南仏ムージャンの自宅にて、彼は91歳の生涯を終える。

ブランド & クリエイター